FNC STORY

text by RYUNOSUKE AOTA
photo by RYUNOSUKE AOTA
article up 2018/07/18

テレビが本気だ。でも若者は半分、本気だ。

VOL.09「半分、本気。」

WHK。私たちが本気で殻を破るTVの略。

NHKに選ばれた12名のミレニアル世代(18歳〜34歳)のメンバーたちが協力して、若い人たちが熱狂するイベントを開催する。NHKは、そのイベント開催のための場とスタッフを提供する。こんな感じに聞けば、まあ、面倒でほんと、仕事でもないのにほんと、迷惑なお話をもらってしまったなと思いました。

そもそも、グループだとか、団体行動が大嫌いだし、誰かと共同で何かを成し遂げるなんてマジでむりー。だったら、1人でもくもくとデザインの仕事に没頭している時間を大切にしたいと切に願っている。そんな自分が、そのお話をもらった時につい「参加します!」と言ってしまった時は、実は少し後悔してました。

5月末に自分も含めた12人のメンバーがNHKのスタジオに集まり初めて顔合わせ。いつもなら、絶対に口も開かないし、基本的にそこにいる人たちを一切受け付けない雰囲気を醸し出すのですが、なぜだか不思議と打ち解けてしまいました。すんなりと入っていけるそんな空気感。あれ?嫌じゃないぞ、この空気。12人がこのイベントまでを通してそれぞれ殻を破るっていうこともあったんだけど、自分は既に5月最初の収録の時点で殻破れてたみたいです。

イベントは「夏祭り」に決まったのでした。本収録は7月9日。およそ1ヶ月しかない期間で、内容やスタジオのイメージなどを決めていかなければいけないというほぼ無理難題をつきつけられたのでした。

そこからとにかく色んなことがあり過ぎてもうそれはそれは言葉で言い表せないぐらい色んなことがあって、形で示すなら「〜」みたいな感じに、楽しい時とムカつく時の波がとにかく激しかった。

スタジオセットのデザインを担当させてもらって、色んな絵コンテ描きまくって提出したのに、最後の最後に全部違う方向性に決まってて、思いっきり腹立ってこんなの辞めてやろうと思いました。本番まで残り4日ぐらいの時の打ち合わせに行って、クソくだらないので、辞めますって言おうと思っていたのですが、ディレクターさんやカメラマンさんたちがその空気を察してくれたのかとことん話を聞いてくれて、最後の最後でプロデューサーの方に言われたのが、辞めるのは簡単だけど、そういう思いこそがチャンスなのではないか?と言われ、ハッと気付きました。

そっか。どうせ辞めようと思っていたんだこんなイベント、ならば、やりたい事やってぶっ壊してやろうと。予定調和なんてクソくらいだ。ってわけで、ほんの少人数に計画を話して予定には全くなかったゲリラ合コンをやってやりました。収録会場に来ていた人たちに呼びかけて急に始めた合コン。

なんだかんだ盛り上がってくれて、結局自分も楽しんじゃって、やり切っちゃって、結局終わる頃には腹立ってたこととか、それまでのこととかどーでも良くなっちゃって。つまり気分爽快だったわけです。それより何より、超楽しかった。

冷静になって考えてみると、多分、これから先の人生でもまずこんな経験をさせてもらえることなんてもう二度とないだろうなと思います。それだけ貴重な経験のチャンスを与えてもらえたこと、そして、その場にいられたことが幸せで、そして何よりもたった1ヶ月なのに、その短期間だけを一緒に過ごした12人のメンバーが自分にとってかけがえのない人たちになったってことが嬉しくって。いっぱい色々あり過ぎたけど、ほんと、今は、自分以外の11人と関わってくれた全てのスタッフさんたちに、ありがとうの言葉しかないです。

そんななので、今、ほんとロスです。WHKロス。なので毎日テンション低め、常に「半分、本気」(NHKの連ドラ「半分、青い」にかけまして)で過ごしてます。2年振りの東京の夏だし、そもそも暑いの嫌いだし、もともと夏っていう季節が大嫌いっていうのもあるのですが。。。ちなみに、冬大好き。

そんなわけで、昨日、その番組のロゴの最終形態が完成しました。あ、ロゴも作らせていただいたのです。久々のテレビ番組のロゴデザインです。

NHKのロゴをいじったもんで、このロゴのOKが出るまでに修正を数えきれないぐらいして、プロデューサーさんが申請しての繰り返しで1ヶ月もかかりました。

来週あたりからNHK BS1のスポット告知などでも使われるそうなので、このロゴをテレビで観たら、あーこれかー!パシャ!と写メしてTwitterとかにアップしてください。もれなく自分がいいね!します。

 

放送はNHK BS1で8月10日(金)22:00〜です。

W杯終わっちゃったし、テレビ観るもの、もーないやー!うぇーい!海行っちゃおー!なんて思っているそこのあなた!その日だけは是非、BSが観られる「テレビ」の前に来てご覧ください。よろしくお願いします。

 

WHK 番組ホームページ

http://www4.nhk.or.jp/P4962/

Copyright © 2009-2018 STUDIO FNC All Rights Reserved.