FNC STORY 003|株式会社Gifut様のロゴを作る

text by RYUNOSUKE AOTA
graphic by RYUNOSUKE AOTA
article up 2017/09/05
会社の顔。決して揺らぐことのないたった一つのモノ。

エンターテイメントと言えば、人々を楽しませるという意味が最初に出てくる。その意味の通り、この会社は、まさしく人を楽しませることに特化した会社である。東京を中心に、スポーツエンターテイメントをメイン事業としてMC・DJなどが所属する会社、株式会社Gifut。今回は、この企業の顔になるロゴマーク・エンブレムの製作の依頼を引き受けた。

会社のイメージは、楽しませることを目的としたことを大きな目的・テーマの元、そのエンターテイメントをプレゼントしにいく幸せを運ぶ鳥、そして、所属アーティストたちが握るマイク。

まず、メインである文字のロゴを作ることにした。様々なフォントを当てはめたが、なかなか納得の行くものが出来なかった。そのフォントもイメージに合うものがない。ということで、今回は、作字をすることにした。楽しい雰囲気を最大限に引き出すために、筆記体でのロゴ製作をした。

幾度となく書き直して、ようやく納得のいくデザインのラフ画が完成。ここから、イラストレーターにこのラフ画を取り込み、完成形を作って行く。様々な修正を加えながら世界でたった一つのロゴがここに誕生した瞬間だった。更に、エンブレムの製作も同時進行で進めて行く。様々な方向性で案を出して行く。色味も様々な提案をして、会社の方向性にあったもので、あえてカラフルな色味を使用した。完成したロゴには以下のようなコンセプトがついた。

エンターテイメント、スポーツ、芸術を通じ多くの方へ感動と笑顔をお届けするのが我々の想いです。

この想いを宝箱(贈り物)にし、『ドリームボックス』と名付け、幸せのブルーバードが皆様へお伝えいたします。

多くの方に夢や目標を持つことの素晴らしさを伝え、世界へ羽ばたいていくのが我々の目標です。

ロゴカラーは様々な人種や各個人の意思を表すパーソナルカラーを虹にし、ロゴ内にある白星はスポーツでの勝利を表しています。

今まで様々なロゴを製作してきた中で、こんなにも長い月日をかけて製作したロゴは初めてだった。しかし、このロゴが、製作した会社の方々全てが納得して受け入れてくれたこと。そして、自分自身にとっても大きな自信作になったことは過言ではない。

これからも、このような作品を世に送り出すことが出来るよう、ますます技術を磨いて行く。

株式会社Gifut様の公式ホームページはこちら!

JpapaneseEnglish

Copyright © 2009-2017 STUDIO FNC All Rights Reserved.