ABOUT     WORKS     CHARACTER

STORY     MEMBER     CONTACT

MEMBER

STUDIO FNCのメンバー

わたしたちには出来ないことがない

STUDIO FNCには個性溢れるメンバーが揃っています。代表・副代表・アドバイザー。掲載の他にも外部招聘のスタッフが揃っています。案件毎に、ワークグループを編成し、個性溢れるフリーランスのメンバーで製作業務を行います。今までの「会社」という既成概念に囚われない、新しいワークスタイルで、私たちは素敵なデザインを提供していきます。

OFFICER

青田 竜之介 | AOTA RYUNOSUKE

代表取締役社長

クリエイティブデザイナー

(公財)日本ハンドボール協会 大会企画総合プロデューサー

(一社)日本車いすラグビー連盟 戦略企画アドバイザー

【経歴】
1988年東京生まれ。

2009年、デザイン系の学生の時に、デザイン団体STUDIO FNCを設立。2012年に、横浜馬車道にオフィスを開設。個人的なグラフィックデザイン活動にも力を入れるようになる。フリーペーパー「馬車道人」を総合的に指揮し、その話題性は新聞やテレビなどでも取り上げられた。2012年5月に開催した初の個展「馬車道FNCミュージアム」では、総合デザイン責任者として、個展開催を成功させた。

2011年、大手テレビ局の制作会社に入社。主に報道局やスポーツ番組のCGデザインや解説パネルデザイン等を担当。

2013年、プロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」に入社。社長室、広報、球場演出の部署でインハウスデザイナーとして活躍。代表作に、ファンクラブ会員証(2014・2015)、現在も使用されている横浜ガールズフェスティバルのロゴ、イニング間イベントのロゴ、みなとみらい駅と日本大通り駅に設置されたベイスターズビジョンや、みなとみらい線のベイスターズトレインのデザイン(2014・2015)などがある。また、球場ビジョンで流れる動画や、CG動画制作も行ったりとその作品は多岐に渡る。

2016年、秋田県能代市への移住。能代市でバスケットボールをテーマにした総務省の事業「地域おこし協力隊」に参加。2016年9月に開催された「のしろ銀河フェスティバル2016」では、能代市では初めてのプロジェクションマッピングの企画・製作・運営を行い、以降、毎年恒例のイベントとして定着させた。また、能代工業高校バスケ部50周年記念イベント(能代市主催)では、クリエイティブプロデューサーとして、イベント全体のビジュアルを全て担当し、イベント成功への一端を担った。

2018年、スポーツ関連事業や、MC・企画事業などを手がける株式会社Gifut CBO(チーフブランディングオフィサー)に就任。

Fm yokohama TimeTableの表紙デザインを担当したのを皮切りに再び拠点を東京に移し活動を開始。NHK BS1で放送されているミレニアルズファイルのオープニングアニメーションや、パンダキャラクターを製作。更に、本人もドキュメンタリー「WHK-私たちが本気で殻を破るTV-」(NHK BS1)に出演している。

2019年、公益財団法人日本ハンドボール協会のエンターテイメント総合プロデューサーと、一般社団法人日本車いすラグビー連盟の戦略企画アドバイザーに就任。

2020年10月、株式会社STUDIO FNC設立に伴い、代表取締役社長に就任。

 

【役員歴】

・株式会社STUDIO FNC 代表取締役社長:2020年10月〜現任

・株式会社Gifut CBO(チーフブランディングオフィサー):2018年1月〜2020年8月

・STUDIO FNC 代表:2014年1月〜2020年10月

・STUDIO FNC 副代表:2009年10月〜2012年8月

 

【委員歴】
・公益財団法人日本ハンドボール協会 戦略プロデューサー:2019年5月〜現任

・一般社団法人日本車いすラグビー連盟 企画委員会委員:2019年5月〜現任

OFFICER

富田 真央 | TOMITA MAO

取締役副社長

グラフィックデザイナー/イラストレーター

ナレーター/MC

2009年に代表の青田が始めたラジオに参加。STUDIO FNCの立ち上げ時は、広報担当として参画。2014年にデジタルハリウッド東京本校を卒業。2014年から2年間、プロ野球球団にて巨大ビジョン操作業務や、デザインサポートの業務を経験。2017年8月に開催された「のしろ銀河フェスティバル2017」では、能代市では初めてのプロジェクションマッピングに、イラスト製作、当日は、MCとして協力を行い、大掛かりなイベントを成功させた。

手書きのイラストを得意とし、独特なタッチで描くイラストは、一部で絶大な人気を得ている。

10周年を迎えた2019年10月にSTUDIO FNCの副代表に就任。

2020年10月の株式会社STUDIO FNC設立に伴い、取締役副社長に就任。

 

また、内閣府地方分権改革・提案募集方式の解説動画のナレーション、2019シーズンの楽天イーグルスの球場で放映されたキャッシュレス解説動画のナレーション、相模原市広報番組「ぞっこん!相模原」のナレーションを担当するなど、声の仕事も多岐にわたる。

 

【役員歴】

・株式会社STUDIO FNC 取締役副社長:2020年10月〜現任

・STUDIO FNC 副代表:2019年10月〜2020年10月

MEMBER

野口 亮太 | NOGUCHI RYOTA

佐藤 裕| SATO YU

三並 悠璃| MINAMI YURI

クリエイティブアドバイザー(社外)

気分屋組織APP代表

(一社)日本車いすラグビー連盟 理事/広報委員会

Video Grapher

保育園で働きながら、デザインを独学。2010年に埼玉県行田市観光推進プロジェクト「忍城おもてなし甲冑隊」の初期メンバーとして、全国各地で観光客誘致を目的としたPR活動(舞台・メディア出演)をおこなう。2013年に広告代理店に勤務、各業種の集客(広告)企画のノウハウを習得。2014年に総務省管轄「地域おこし協力隊」制度を活用し、秋田県能代市に移住。同市の知名度を向上させるマスコットキャラクターの開発や写真・動画作品の制作などをおこなう。

STUDIO FNCには、2018年よりクリエイティブアドバイザー(社外)として参画している。

学生時代よりクリエイティブデザイナーとして活躍。当時の作品は現在でもサッカー専門誌のロゴとして残っている。その後、広告業界に必要なスキル<営業・企画・制作>とそれぞれを体得し、通信会社、ゲーム・飲料・自動車・化粧品などのメーカーや自治体ほか、ジャンルや業務領域に縛られずに湧き出るアイデアを武器に各業界に新風を吹かすことを楽しんでいる。2014年に商社に出向し、パラスポーツと出会ったことで人生設計を書き直す。広告代理店とパラスポーツを舞台に新たな人生を盛大に謳歌中。

2000年生まれの若手クリエイター。

高校卒業後、警察官となったものの、ずっと持ち続けていた動画クリエイターの夢を捨てきれず、その夢を叶えるために警察官を退職。現在は、自身の作品を作り続けながら、動画クリエイターとしての道を歩み進めています。

主に企業紹介動画や商品サービス紹介、プロモーションムービーも制作が可能。また写真撮影も可能なため、多方面での活躍が可能です。

個人のWeb・SNSはこちら

http://instabio.cc/yuuriminami

岡田 涼| OKADA RYO

動画 Creator

高校生でも副業で稼ぐ!をキャッチコピーに、活動している、偏差値67の17歳の動画クリエイターです。新時代のトップランナークリエイターとなるべく現れた新戦力です。アフターアフェクトを駆使し、アニメーション製作はもちろん、動画編集を担当しています。

個人のSNSはこちら

https://twitter.com/ryo_movieman

Copyright © 2009-2020 STUDIO FNC All Rights Reserved.